Tシャツ

Tシャツの作り方(ハンドメイド)

オリジナルTシャツは洋服ハンドメイドの中でも難易度が高くないので、洋裁初心者におすすめです。ただしとても簡単というわけではありません。なぜなら、Tシャツは「ニット生地」で作ります。ニットの扱いは、普通の布より少しだけ難しいのです。ニットは伸び縮みする布です。そのため型紙をチャコペンで写す時も縫う時も、きれいにやるにはコツが必要です。普通の布と同じ要領で型紙を写そうとするとびろーんと伸びてしまうため、型紙をまち針で止めてきちんと固定して写します。
ミシンがけも注意が必要です。ニット専用の糸で縫わないと糸が切れてしまうからです。これは、普通の糸は伸縮性がないため、ニット生地の伸び縮みについていけず切れてしまうのです。ニット専用の糸は糸自体に伸縮性があり、ニットを縫っても糸が切れないようになっています。このようにニット生地の扱いは多少難しいですが、Tシャツの縫い方自体は難易度が低めです。
袖山の縫い方が一番むずかしいので、ドルマンスリーブにして肩の部分を延長すれば難易度はぐっと下がります。もしくは、ラグラン袖にしてしまうのもいいですね。普通のTシャツ、ラグランやドルマンのTシャツの型紙も無料でネットに公開されていますので、探してみてはどうでしょうか。

更新記事

オリジナルTシャツの楽しさ

今まで飽きては捨ててと数えきれないくらいの洋服たちを買っては捨ててきた私ですが、自分で作ったオリジナルTシャツだけは捨てられずにいまだに使用し…

もっと読む

オリジナルTシャツで応援をわかりやすく

スポーツ観戦をする時や誰かの応援をしたい時、スローガンや応援のうちわを持っていくようなこともあるでしょう。スローガンやうちわなどは使うことで誰…

もっと読む

Tシャツの作り方(ハンドメイド)

オリジナルTシャツは洋服ハンドメイドの中でも難易度が高くないので、洋裁初心者におすすめです。ただしとても簡単というわけではありません。なぜなら…

もっと読む

安いTシャツは長持ちしない?良いTシャツの見極め方

夏に汗を掻きやすい人の場合は、一日のうちでも必要に応じて着替えをすると気持ちよく過ごせます。室内作業ならクーラーが効いていて大丈夫ですが、屋外…

もっと読む